FC2ブログ
DATE: CATEGORY:NOKU

昨日のノックは、稽古後にズイ君とハンバーグ&お茶だったんですねニコニコ

ズイ君、ノックの写真をありがとうドキドキ


大きくして見たら、ノックの太ももがちらっと写ってて、「え、短パン?」と思っちゃいましたが(笑)

半パンを暑くてめくってたって感じかな?にひひ


ズイ君は次の舞台が座長さんで、色々と大変そうですね。

2人でお芝居の話で盛り上がったのかなー。

ノックとズイ君て、真面目な話ししてても面白そう音譜

対談番組とかあれば見たいな~!


2人とも初日まであと1週間ですね!

お稽古は佳境と言う感じでしょうが、体調に気をつけて頑張ってくださいアップ


私の『ZIPANGパイレーツ』観劇日までは、あと10日です。

ノックの役も分かったし、ますます楽しみラブラブ



ノック、どうぞ今日も笑顔で、充実した1日になりますように!






ツイッター始めました☆

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

野久保直樹さん応援ファンサイト Knock-Up

https://twitter.com/KnockUp_info

http://heatup.gonna.jp/KNOCKUP/index.html

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:NOKU

それから、「今年もかなりの数の舞台やってますね」と言う話に。

ノックとしては、「年間10本はできる」と言ってて、「だって、1年は12ヶ月あるんですから」と。

ノックは、とにかく色んな役をやって、自分の武器にしていきたいのだそうです。


そんなノックを応援するぞ!とは思いますが、さすがに年間10本全部を観に行くのは無理だなぁと思いつつ聞いてた私ですあせる

ほんと、どこでもドアがあると良いのにね。


で、司会さんに「引き出しを増やしたい?」と聞かれて、「たくさんやる事が自信になるんで。舞台上での怖さがなくなるんですよね」とノック。

そんなノックに、司会さんが「舞台は怖いですか?」と質問すると、「受け入れて貰えるだろうか?と思う」と言っていました。

作品としても、自分としてもそうだし、自分を知らない人にどう受け入れて貰えるだろうか、とか、いつも来て下さる方には今度はどういう姿をみせられるか、とそんな事を考えるそうです。

で、「いい意味で裏切りたい」と言ってました。

「プレッシャーな訳ではないけど、新しい自分を見せられるか?と言うのを考えてしまう」そうです。


この話を聞いて、ノックは自分の殻を破りたいといつも思っているのかなーなんて思った私でした。


で、司会さんが「気持ちが萎えてしまうような時もあるんですか?」と聞いたら、ノックが「この2年で何度役者やめようと思ったか」と答えたので、会場からは「えー?」の声。

『Natural Mind』ではやめようと思った事がないって書いてたじゃん!と心の中でつっこむ私べーっだ!


でも、ノックが『SAMURAI挽歌Ⅲ』は特にそう思ったと言うので、「観てる側はすごく良かったと思ってますよ」司会さんが言ってくれて。

それに、ノックは稽古中に3回くらいあったかなぁと言ってましたが、それは「自分の出来なさ具合に」と言う事なんだそうです。


「出来ない自分がいて、出来るように頑張るんですけど。それで出来た時に、演出家さんに"よくやったな。よく稽古したな"と言って貰えると、やってて良かったなと思うし、本番で反応が良いと、やめられないなと思う」と話してました。

この「やめられないな」と言った時の顔がすごく嬉しそうと言うか、いい顔しててキラキラ

ノックはほんとにお芝居が好きなんだなぁって思いました。


その話を聞いて、司会さんが「やっぱりライブ感が違いますか」と聞いて、ノックは「ライブ感はテレビでは味わえないですからねぇ」と。

舞台をやっていると日によって全然反応が違うし、特にコメディが難しいと言う話をしていました。

昨日うけた事が今日はうけなかったり、とか。

基本的にはいつも同じものを、と思うけど、そういう反応に合わせちゃおうとする時があって、それが良い方にいけばいいけど、空回りしちゃう時があるのだそうです。どこがいけないんだろう?と探して対応しようとして、それが逆に空回りしちゃう事があるんですよね、とコメディの難しさを語っていました。


と、ここでイベントはもう終わりの時間に!

ガッツリたっぷりの1時間ではあったのですが、始まってしまうとやっぱり早い!


「最後に皆さんに挨拶を」と言われて立ちあがったノックが、「今日のノクコデをね」と言うので会場は拍手アップ

服装はノックがイベント後にツイートしてくれてますが、羽織ってる薄手のベストはユニクロ、パンツはH&Mで、タンクトップは10年以上着てるヤツで…と言ってました。

意外と庶民的(って言い方は変かな?笑)と思っていたら、「でも、靴は良い物をね。頑張りました」と言ってて、それが可愛かったですニコニコ

いつも通り右腕に時計をしてましたが、その時計も良さ気に見えたな~。

そういう部分にこだわるのが、ほんとお洒落さんだなと思いました。


で、最後に「夏男でした」と言うノック。

「ZIPANGパイレーツも観に来てくださいね」と言う挨拶に、「はーい」と返事をして、イベントは終了ビックリマークでした。

「野久保さんを拍手でお送りください」と言う司会さんの言葉で、拍手のなかノック退場…ですが、またもや扇子で顔を隠して歩く(笑)

でも、幕の奥に入る前に振り向いて、ペコっとお辞儀してくれましたドキドキ


ノックはずっと楽しそうで、司会の方との掛け合いも息ぴったりで、ほんとに楽しいイベントでした音譜

CAST SIZEさん、ありがとうございました!また機会があったらぜひお願いします。



以上、ここまでお読みくださりありがとうございました!

抜けとか記憶違いとか色々あるかとは思いますが、少しでも雰囲気伝わって、楽しんでいただけたなら嬉しいですニコニコ



おわり



.

DATE: CATEGORY:NOKU

プレゼントコーナーが終わって、次は「俳優・野久保直樹について」のお話に。


ノックは、「タレントとしての僕で知った方が多いのかなとは思うんですけど、俳優としてスタートしたので、それを突き詰めたい」と話していました。


司会さんに「舞台は色々とあるけど、どれをやっているのが一番楽しい?」と聞かれ、「楽しいのはやっぱりコメディですね」と答えるノック。

司会さんは「ハートフルな舞台の役も良かったですよ」と仰ってたのですが、ノックは「どんな役にも対応できるようにしたい」と言ってました。


で、今後どういう役をやってみたいか?の質問には、「悪役」と。

これには会場から「おお~キラキラ」の声。

「殺人鬼とか、イメージにないと思うから挑戦してみたい」と言っていて、その後に「捕まる役」と言うので会場は笑いにひひ

「犯人とか、誰かを裏切ったりとか」と、そういう役をやってみたいそうです。

それは私もノックがそういう役を演じているのを観てみたいと思っていたので、うんうんと思いっきり頷きながら聞いてました。


司会さんも「そういう鬼気迫る野久保さんを見てみたいですね」と言ってて、ノックは「良い意味で、皆さんを裏切れたらなぁ、と」と言ってましたニコニコ


その後は、小倉でのエチュードの話に。

ノックは、「思う存分ふざけてきました」と言ってて(笑)


あと、一緒に行った鈴木拡樹くんについて語ってました。

鈴木くんとは、稽古の時にはそんなに絡みがなかったので、どういう感じの人なのか分からなかったけど、小倉へ一緒にいってすぐに分かったと。

鈴木くんもすごい引き出しを持ってて、「普段見せない顔を芝居になると見せるんですよね」と話してました。


で、エチュードはみんなが何を考えているのかが分からないので、即興で話を繋げるのが難しかったと。

それを聞いて、司会さんは「観てる側は、これどうやって収束するんだろう?と思いながら観てますけど、打合せとかは?」と聞いてて、ノックは「してないです」と。

特に、小倉でのエチュードはテーマをお客さんに書いて貰って、それをその場で引いて決めて、そこから考え出すので特に難しかったそうです。

それぞれがどんな役を考えてるのが分からないのもあって、舞台裏では小道具の取り合いだったとか。

それに、時間も決められているので、その時間内でおさめるのが難しかったと話してました。

司会さんは、「素晴らしいですよね」と言ってて、「今度も観てみたい」と話されてました。


小倉のエチュードはほんとに楽しかったので、私もまたああいう舞台のノックを観てみたいです音譜

ちなみに、その時のレポはこちらです→『ドリームタッグ』レポその1


それから、ノックの今後のお仕事の話に。

司会さんが「まず、8月は『ZIPANGパイレーツ』で」と日程や会場を読み上げてくれた後、「どういう話ですか?」と。

これに、ノックはどうしようかな?って顔をちょっとして、「楽しみにしてくれてる人は、聞かなかった事にしてください」と言って、作品の流れと自分の役をちょっと話してくれました。

ここは、ノックがそういう気づかいをしてくれたので、私も詳しくは書かない事にしますね。

ただ、ノックはなかなか作品のキーマンな役ではありそうですニコニコ


で、稽古場の話になって、今の稽古場は舞台の実寸が取れないので、「ひっちゃかめっちゃか」なのだそうですにひひ

殺陣がすごく多くて、その時には20人くらいが動いてるので大変、と言う話をしてました。


そして、次は9月の『キミサリ』について。

でも、ノックは「全然わかんない」と言って、「あ、わかってるか?うん?」なんて感じで、司会さんがサイトに書かれているあらすじを読んでくれると、「それそれ!それだ!間違えた!」と(笑)

なにと間違えたと言うのでしょうかねべーっだ!


で、司会さんにそういうもんですか?みたいに聞かれて、「重ならないかぎりは、まずは今やってる事に集中しちゃいますね」と言っていました。



つづく



.

DATE: CATEGORY:NOKU

さて、ここでプレゼントコーナーが始まりました。


1つ目は15cm角くらいかな?の小さな色紙にサインを…なんですが、司会さんが最初に「似顔絵を…」と言ったので、会場は「イェーイ!」と大盛り上がり(笑)

ここで画伯が見れるのか?!と、そりゃ期待しますよねにひひ

でも、それはやっぱり無くて(笑)

『今の気持ちを一文字で』書くことに。


で、ノックはテーブルの上に置かれていた色紙を手に取って、お客さんに見えないようにと色紙を立てて文字を書こうとしましたが、字に自信がないのか、小首を傾げながら指で何度も書いてて(笑)

客席からはクスクス笑い、司会さんには「書き順はどうでもいいんですよ~」なんて言われてて、すっごい可愛かったです。


私はノックが書いてるマジックのペン先を見てたんですが、色紙に最後に点点点って書いてて、なにかな?と思ったら、それは太陽のテカテカの部分でした晴れ

ノックが書いた一文字は『熱』で、それで色紙の端っこに太陽の絵も描いてあったんですよね~ニコニコ


で、ノックはその漢字について、「あつい!だけど、あえてあっちのあついじゃなくてね」と説明してました。

気温のあつさなら「暑い」ですけど、ここまでのノックのトークを聞いてると、「熱い」はウンウンそうだよね~とみんな納得の様子。

そして、この色紙はノックとのじゃんけんで勝った人にプレゼントと言うことでした。


が、「さーいしょは♪からね」と何を出すとは言わないノック。普通なら「グー」ですけど、きっと違うんだろうなぁと思ってたら、「最初はパー」でした。

これには抗議殺到(笑)

なので、「じゃあ、じゃーんけん!」と普通にじゃんけんが始まって、私は3回目でアッサリ負けでした。

このじゃんけんの時はノックに勝った人がいなくて、あいこで1人残った人と、その前に負けた人2人の計3人で決勝戦みたいな感じにグー

でも、結局は最後にあいこだった人が勝って、その色紙を貰ってましたニコニコ


この勝負の後、ノックは自分で「僕じゃんけん強いんですよ」と言ってて。

小学校の時に給食のご飯がパック入りだったのだけど、お休みの人が出るとそれが貰えるので、争奪戦になっていたと。

で、大体はゼリーとかそういうデザートものが人気なんだけど、ノックは牛乳とかご飯を狙うから、一人勝ちだったと言ってました。

…ん?それってじゃんけん関係なくない?と思ったら、司会さんも同じようにつっこんでて、ノックは笑いながら「じゃんけん弱いです」と答えてました(笑)


それから、もう1つプレゼントと言うことで、扇子にサインをすることに。

テーブルに置かれていた扇子を手に持って、それを立ててサインを書こうとするノック、それがすごく書きづらそうだったので、「置いて書いたら?」の声がにひひ

ノックはそんな客席に、「なんだよ、分かったよー」みたいに言って、テーブルの上に扇子を置いて書いてました。

なんかそんなノックが可愛くて可愛くてべーっだ!


で、私はてっきり布の部分にサインを書くのかと思っていたら、ノックは竹の中骨の部分に書いてました。

ノックのサインって平仮名だし凄く分かりやすいですよね。

なので、ノックがその扇子で扇ぎながら、「これ電車とかで使うならすぐ分かっちゃうじゃん」と言って、使うときはこっちで使ってねと後ろ側を見せるので、「えー」みたいな声があがってました(笑)


この扇子もじゃんけんの勝者にプレゼントですが、何回目かでノックは「次はチョキ(だったかな?)出すから」と言ってじゃんけん!と。

で、ノックはちゃんとチョキを出したんですけど、パーを出して負けてる人がけっこういて、ノックはその人たちに「信用しなさい!」なんて言ってました(笑)


プレゼントはこれで終わり、かと思いきや、「もう1つあるんですけど」と司会さんに言われて、「聞いてないです」と言うノック。

でも、司会さんが額入りのサイン入り写真を出したら、「ああー!書いたわー」とすっとぼけな顔して言ってて(笑)わ、わざとらしい…と思いながらも笑えましたにひひ


で、その写真もステキで~ドキドキ

サインはゴールドのペンで書かれてました!

その額が登場した時には客席から「きゃーアップ」の声があがってましたね。


そして、最後もじゃんけん勝負で、またまた「次はパー出すから」とか言ってそのまま出してたノックでしたが、最後には裏切ってくれました(笑)

当然、客席からは「えええええ!」の声にひひ

それを見て、いたずらモード全開の顔してるノックなのでした(笑)



つづく



.

DATE: CATEGORY:NOKU

昨日もお稽古お疲れ様でしたニコニコ

今日から通し稽古の模様ですね。

初日まであと1週間!ここからは仕上げに入る時間でしょうか。


昨日は、朝と夜と野球のツイートでちょっと嬉しかったですラブラブ

特に、出身校の監督に憧れの人が!と言うのはすごい事ですよね。

それを知った時、ノックのテンションめっちゃ上がったアップんだろうなー、なんて想像してほっこり。


私は、日曜日には好きなプロ野球チームの2軍戦を観てきまして。

2軍の本拠地は千葉なのですが、年に4回北海道遠征があるのです。

で、ノックの高校の先輩である小田さんを観て、きゃあきゃあ言ってきました(笑)

現役時代からすごく好きな選手なのですが、今はコーチをされてますニコニコ

相変わらず格好良かったなぁドキドキ


時々、3年生でキャプテンだった小田さんと、新入生のノックは当時どんな感じだったのかな、なんて、妄想して楽しんでます音譜

きっとノックは可愛がられてたんだろうな。


さてさて、昨日からちょっとずつアップしているトークイベントのレポですが、なんとか今日中には終わらせたいなと思っています。

飛行機の中で書いたメモは、けっこう揺れてたんで文字もひどい事になってて(笑)

それを解読しつつ、ノックの顔や声や思いだしながら打ち込んで…。

これってかなり幸せな時間ですキラキラ


あー、ほんと好きだなぁ。

なんでこんなに好きなんだろう。

いや、好きなモノは好きなんだよね、理屈じゃない。

…なんて思ったりしながらにひひ



さて。

ノック、どうぞ今日も笑顔で、充実した1日になりますように!






ツイッター始めました☆

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

野久保直樹さん応援ファンサイト Knock-Up

https://twitter.com/KnockUp_info

http://heatup.gonna.jp/KNOCKUP/index.html

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

DATE: CATEGORY:NOKU

そして、「もう一度写真集とかフォトエッセイを作るとしたら、何処で撮影したいですか?」と聞かれたノック、「海外」と即答してたのですが、それが早口過ぎて聞き取れなかったのか、司会さんは「タイ?」と(笑)

それに、「海外!」と答え直すノックですが、司会さんは聞かなかった事にしようみたいな感じになっててにひひ

そりゃ費用もかかりますしね、"じゃあ次は海外ですね"なんて簡単には言えないですよね。


でも、その話を誤魔化そうとする司会さんに抵抗するように、「海外がいいでーす!」と叫ぶノック(笑)

そして、客席の後の方に向かって、「海外お願いしまーす!」と叫んでました。

会場内では気付かなかったんですけど、その辺に監督さんがいらしたんですねニコニコ


それから、司会さんは諦めたのか(笑)「それじゃ行ってみたい場所は?」と質問されて、それにノックは海外は結構行ってるけど、ハワイに行った事がないのでハワイに行ってみたいと話して、で、もう一度客席後ろに向かって、「ハワイに行きたいでーす!」と叫んでいました(笑)

ここは、大汗あせるな感じの司会さんが面白かったですにひひ


それから、話はプライベートについてへと。

休みはあんまり無いと言うノック、時間が空いた時には料理をするそうです。

『SAMURAI挽歌Ⅲ』は稽古も舞台も帰りが遅くなったので、ずっと料理はできなかったのだとか。

でも、今の稽古は大体21時~22時くらいには帰れるそうで、「リフレッシュしたい時は料理」と言ってました。

この言葉に、「料理する事がリフレッシュ?」と少し驚いたように聞く司会さん。

ですよね、すごい事ですよね!と私も感心。(単に私が料理そんなに得意じゃないからか?笑)


そうしたら、客席の右側のほうのお客さんがなにか言ったらしく、ノックはそちらを見て、「やだもう、奥さん」と手をヒラヒラさせて言いました(笑)

その言い方が可愛いやら可笑しいやらでにひひ小倉のエチュード以来の女子真似でした(笑)


それから、ノックは「コンビニ弁当とか、スーパーのお惣菜とかはほとんど買わないですね」と話してて、その理由は「自分で作ったほうが美味しいから」だそうです。

うーむ、素晴らしい!


で、作る時は大目に作っちゃうんですけど…と言う話になって、あれを全部食べるかと言うと、食べれることは食べれるんですけどね、と。

中学、高校と野球をやってた時には、ラーメン丼でご飯3杯は食べてたそうです!凄い量ですよね。

司会さんに、「それっておかずは…」と聞かれ、おかずは1杯目で食べきっちゃうので、2杯目3杯目はカツオブシとか卵とかで食べると言ってました。


で、「親はひーひー言ってましたねぇ」と言うノック、ある日にはお母さんに「ごめん、今日お米ない」と言われた事もあるとか。

いやぁ、お母さんはほんと大変だったろうなぁあせると思いましたが、この言い方がまたおかしくって笑えました~!


と、昔はそれくらい食べてたので、今でも食べようと思えば食べられるらしいのですが、それでも胃は大分小さくなったそうで。

なので、食べ残した場合は冷凍保存して、帰りが遅くなる時にはそれを暖めて食べるのだそうです。


そして、ノックは料理だけじゃなくてそのためのお買い物にもけっこう工夫してるそうで、買い物は2~3日分のレシピを頭に入れて、使いまわしできる材料を買って…としてると。

これには、司会さんも「主婦的な」と言ってました(笑)


金額的にも、1回の買い物は2~3000円くらいと言ってたかな?出来るだけ節約して、とやってるので、それが理由でご飯のお誘いを断ることもあると!

これには、会場が「えええええ!」状態に(笑)

そしたら、ノックは「だって、腐っちゃうじゃん!」と。

それに、ご飯食べに行って1回で使うお金が、自炊なら2~3日は持つんだよ?みたいに言ってましたにひひ


でも、「(誘われたら)たいていは行きますけどね」とも言ってましたが。


そうだよね、ご飯ってさ、ほらやっぱり「お付き合い」な訳でさ…と思いつつ、料理を熱く語るノックに感心するやら面白いやらで、楽しく見ていた私でありましたべーっだ!



つづく


えっと、これでレポは半分くらいですかね(笑)あせる

忘れないうちに!と早めにアップしたかったんですけど、続きは明日になりそうです~あせる



.

DATE: CATEGORY:NOKU

話は『CAST SIZE』の事になって、1から7号まで、そしてスタイルブックと参加して貰ってますが、と。

で、8号に参加していないのは『Natural Mind』の出版があったので、「1回お休みしましょう、と」と司会さんは仰ってました。

でも、ノックはその8号に呼ばれないと知った瞬間、「家で泣き崩れました」と(笑)

それを聞いて、司会さんは「いやいやいや」みたいに慌てた感じだったんですけど、ノックは「マネージャーに、「もう飽きられちゃったかな」って、しみじみ言いましたもん」って拗ねモードで言ってたのがめちゃめちゃ可愛かったですにひひ

ちょっと司会さんをからかってる感じで、いたずらモードでもありましたねべーっだ!


で、司会さんが「マネージャーさんにはちゃんと伝えたのでね」とか色々言われてて、そんな司会さんに「いろんな妄想がね…」とノックが言うので、妄想??と思っていたら、「…戦略がね」と言い直したので、(妄想と戦略じゃ全然違うだろー!)と思わず心の中でツッコミつつ笑いましたにひひ


色んなノックが見れて、雑誌にノックが載るのは凄く嬉しいので、CAST SIZEさんにはいつも感謝キラキラですが、まぁ他の役者さんやそのファンの方々の層とか、兼ね合いも色々とあるでしょうしねぇ。


それから、今までのキャストサイズで印象に残ってる撮影はありますか?と聞かれたノックは、「思い出しかない」と答えてました(笑)

キャストサイズのスタッフさん達はすごくやりやすい環境を作ってくれるそうで、なのでノックはいつも撮影の日が楽しみなんだそうです。

この日のトークイベントも楽しみにしててって言ってましたニコニコ


で、「現場へ行くとワッショイしてくれるんで」と手で持ち上げるような仕草をしながら話すノック(笑)

でも、段々と「それが当たり前になってきて、それがいつしかワッショイじゃなくて…」と言ってからちょっと間が空いて、「…やべぇ、浮かばなかった」と(笑)

何かうまい事を言いたかったみたいですが、オチをつけられなかったようです。

すごい悔しそうな顔してそんな事を言うので、もう爆笑アップ


そして、キャストサイズのスタッフさんとはこれまでずっとやってきて、「もう家族ですよね」なんていうノックでした。

とにかくスタッフさん達はみんな面白い方ばかりらしく、ロケ車でもずっと寝ないで喋ってると言ってました。

その話になって、司会さんがファースト写真集の撮影もそうだったみたいですね、と。

写真集の時は、「きっと野久保は寝るだろうって思われてたと思うんですけど、まぁ寝ない」と言うノック(笑)

「僕、バカなんでしょうね。ペース配分ができない」と言って、とにかくロケ車でも寝ないし、撮影の合間もひたすら喋ってて、それもあって部屋に帰ったら「こう」だったと、バタンキューの身ぶりをしていました(笑)

それくらい、キャストサイズさんの現場はいつも楽しみで仕方ないと思ってるのだそうですニコニコ


そんな話の後なので、「皆さん、この写真集はお持ちですよね」みたいに司会さんが言ったら、ノックが「いいんですよ~何冊も買っていただいて」みたいに言うので、客席では「持ってるよ」とあちこちで小声が。

そんな反応に、「ざわつかない!」と客席を見渡して言うノックでした(笑)


そして、司会さんが「この号とかね」と、キャストサイズvol.2の、ノックが黒いタンクトップで携帯を覗いてる写真ありますよね、そのページを開いたら、「きゃー」って感じの、控えめながらも歓声があがっていましたにひひ

やっぱり皆さんあのノックお好きなんですね!私もすっごく好きですドキドキいい笑顔ですよね~。


で、それからその時の撮影思い出話になりました。

「暑かったねー」「超夏!だった」なんて会話を交わす2人。

撮影地は佃島で、「昔ながらの駄菓子屋があってね。地元にもあったんですよ、ああいうお店」と語るノックでした。


ところで、この2号は売り上げが良くて、出版社さんにはもう在庫がないそうです。

でも、「本屋やアマゾンにはありますので、よろしくお願いしますね」と司会さんが言うのを聞いて、ノックは「表紙の方が良いんでしょうねぇ」とにひひ

その言い方もなんか面白かったな~。



つづく



.

DATE: CATEGORY:NOKU

そして、司会さんが「ほんとにリラックスしてると言うか、すごく良い笑顔で」と言うと、ノックは「笑顔で32年間生きてきました」とにひひ

「この笑い皺はそのせいですからね!」と言ってましたニコニコ


で、中学1年の時にシニアリーグの先輩から初めて付けて貰ったあだ名が「爽やかくん」だったそうです(笑)

「なんでそんな笑えるんだ。なんか楽しいのか」なんて言われたと。

その言い方もなんかすっごく可愛くてラブラブ


そんなノックの話を聞きながら、司会さんが『Natural Mind』をめくって見開きのページを見せ、「この写真とか、なに見つけたんだろうとか気になるんですけど」と(笑)

それは、メガネノックが何処かを指さしてる写真のページです。

(本を確認しましたが、「Story04」の次のページでした)

私は可愛い写真だなと思ってたんですけど、司会さんの言い方が面白くて笑い。


で、それにノックが、「皆さんのご想像にお任せします…なんですけど、実際は外にカーテンがあって」と言うので、「外?」「外?」と客席のあちこちからツッコミの声が(笑)

それを聞いて、ノクは「窓」と言い直してべーっだ!そのカーテンに虫がついてて、それを指さしてる写真なのだそうです。

そ、そうだったのか(笑)


この写真はよっぽど司会さんのお気に入りなのか、「吹き出しつけたくなる」とか言ってて、それにノックも「楽しいでしょ。色々想像してください」と答えたりしてました。

キメ写真ばかりじゃなくて、ああいうのも入れたかったと言うノック、「野久保直樹が何かを見つけた時はどんな顔をするのか、とかね」とにひひ

で、なんでこれを2ページにしようと思ったのか!と言う話になって、司会さんがデザイナーさんに聞いたら、「そうしたかったから」という答えだったとも言ってました(笑)


ノックはそれを見ながら、指が写ってない方のページを、「これね、1ページだけだと、おかしな子ですからね」と言って、その「おかしな子」って言うのが可笑しくて可愛かったです(笑)


それから、ノックのお気に入りの写真は?と聞かれますが、「ない」と。

その答えに会場からは「えー?」の声が上がるんですけど、すぐに「全部だから」と言うので、今度は「ああーアップ」なんて(笑)

ノックは司会さんから『Natural Mind』を受け取って、ペラペラめくりながら、「全部だから。どれもいいんだよねぇ。……選べません!」と、結局どれと言うことないまま閉じてしまいました(笑)


この本をめくってる時の下を見てるノックの顔も素敵でドキドキ

鼻筋通ってるわぁ~とか思いながら眺めてた私でした(笑)


そして、「1冊で色んな表情を見せてますよね」と言われ、「皆さんから見て、野久保直樹のイメージがあると思うんですけど、そのイメージを変えたかった。"こういう顔もあるんだ"とか」と言うノック。

「セクシーなのとか、大人なのも」と言われて、「もう32ですからね!」と。

「いつまでも可愛いなんてねぇ…、まぁ、いいんですけど」と言うので、(良いんだ)と笑っちゃいましたにひひ

でも、やっぱり「格好いいと言われたい願望」があるそうです(笑)


で、「昔から格好いいより可愛いと言われる事が多くて」と言う話をして、それはなんでだろうと考えた時、5つ上にお兄ちゃんがいるからだ、と。

年上の人と遊ぶ事が多かったし、その方が落ち着くそうです。


司会さんには「そういう、弟気質なんですね」と言われてましたが、たしかに『SAMURAI挽歌Ⅲ』の時もそうでしたけど、年上の人にいじられて可愛がられて…のノックは可愛いし、生き生きしてる気がしますよね(笑)


つづく



.

DATE: CATEGORY:NOKU

それから高校野球の話へ。


最近また高校野球を見るようになったけど、「やりたくなりますね」と言っていました。

プロ野球を見るのも好きは好きだけど、「あれには青春の影がないと言うか…」と言うノック。

高校野球は青春なので、そこには友情が生まれ、感動を与えるというね…と言って、「まぁこんな暑いなかよくやってたわ」とにひひ


高校野球を見てると、「無駄に泣いちゃう」そうです(笑)

で、「負け方によって涙が出ない」と言う話になって、『コールド』で負けた場合と接戦で負けた試合の時の気持ちの違いを語ってました。

私も友達も野球好きなので、ああ~、うんうん、と頷きまくりで聞いてました。


そして、「これは言いたい。『熱闘甲子園』毎年作りが荒くなってる!」と(笑)

前はもっとドラマチックな番組だったのに、最近は結果だけ報告してる、と言う話をしてました。

そして、長嶋みかさんの物真似もちょっとしたりして(笑)「夏じゃなくて"なとぅ"なんだよね」と言ってましたべーっだ!


それからまた『Natural Mind』の話へ。

「恋愛の話とか、けっこう赤裸々に語ってますよね」と言われ、「それが今の僕を作ってるので」と言うノック。

そういうのを語ることに抵抗は無かった?と聞かれて、「それは無かったですね。まぁ、もしそれでね、嫌いになったと言う人がいたとしても、それはしょうがないのかな、と…」と。

「これを語ることによって、"野久保直樹"を伝えられて、それでまた好きになって貰えたら嬉しいかなと」と言っていました。


そしたら司会さんが、「すべてを、今の野久保直樹を愛して欲しい、と」と言うものだから、ノックはちょっとエッと言うような顔をして(笑)

「なんていうか、韓国の俳優みたいな、"みなさん愛してください"って言う」と客席を見渡しながら言ったのが、おかしいやら可愛いやらでしたニコニコ


司会さんは、「そこまで語れるのは自分の中で整理がついてるからですよね。しっかり仕事もできてると言う」と振ったので、「仕事しかしてないですからね」と言うノックでしたが、仕事と思ってないと言うか、趣味であり仕事なのでと語ってました。

好きなことなら頑張れると思うから、野球をやっている時も、ずっと「好きなコトを仕事をしようと思っていた」と言うような話をしてました。


それから、『Natural Mind』の写真の撮影場所の話に。

千葉の房総半島での撮影でしたが、「房総で暴走しましたよ」と言うノック(笑)

なぜその場所を選んだのかと言うと、「地元に似ているから」だそうです!

なるほど~と思っていたら、「こういう町で育ちましたよ、みたいな写真にしたくて…、それなら地元で撮れよって話ですけどね」と言うので笑い。

そんなノックに、「それは次に取って置いて」みたいに司会さんが言ったので、ぜひぜひ~!と思いましたラブラブ

写真集もフォトエッセイも衣装・写真どれも好きですけど、秋冬服だけなので、今度は夏服の写真が見たいなぁと思ってたりします。


そして、話はカメラマンの小池さんとのお話に。

ノックは、小池さんとは「人間的な相性がいい」と言っていて、小池さんのカメラと自分の間には壁がないとキラキラ

自然に受け止めて貰えるらしいです。


で、カメラマンさんは被写体から魂と言うか、そういうのを貰っちゃうのだけど、ノックに関しては『無』なんだそうです(笑)

え、無?と思ってたら、自分で「なにも考えてないから?」とか言うノックにひひ


写真を撮っていると、相手に星が見えたりするのだけど、ノックにはあんまり見えないそうです。

それって芸能人として良い事なのか?とちょっと思ったりしましたが(笑)それだけナチュラルな関係と言う事なのですかね。

小池さんはノックを撮ってると疲れないのだそうです。



つづく



.

DATE: CATEGORY:NOKU

7月27日(土)『キャストサイズ』トークイベント第2部(野久保直樹さん)のレポですニコニコ

今回も長いです!(笑)相変わらず曖昧な記憶力でのレポになりますが、少しでも楽しさが伝わったら嬉しいです。

また何度かに分けて更新しますね。



当日は、渋谷へは開場時間のちょっと前に到着しました。

その時点で汗だく!暑かった~。

東京のお友達に「雨も降りそうな予報」と聞いていたので、雨晴兼用の傘を持っていったのですが、さすが晴れ男さんしっかり良いお天気にしてくれました晴れ


着いてからは、会場であるeggman前の歩道に整理番号順に並んでいきましたけど、私の番号は『ba---』でしたので、正直かなり期待して行ったのですよ。

もしかして最前列いける?みたいな(笑)

そしたら、入場は『bb→ba→bc』の順でしたあせる不思議~。


でも、入って「ここにしようかー」とお友達と決めた場所がベストポジション!でした。

ノックはステージに置かれたテーブルと椅子の位置関係から、正面から見るとちょっと斜めになる座り方だったんですよね。

私とお友達は3列目だったんですけど、ちょうどノックの顔がバッチリ見える場所で、ラッキーアップでした。


ノックはトーク中、結構客席に顔を向けてくれて、頷いたり話しかけてくれたりして、サービス満点だったなぁと思いますドキドキ


イベントは時間通りには始まったかと思います。

最初に司会進行であるキャストサイズのスタッフさんが登場し、注意事項の案内をした後、ノック登場!

ですが、その前に、「拍手イマイチですね」と2回くらいやらされました(笑)


それから、いよいよノックが、向かって右側奥の幕のところから、黒い扇子で顔を隠して登場!

なんでそんなコソコソ?と笑えましたにひひ

そして、ステージ中央まで歩いてから用意されてた椅子を見て、「足が短いから届かない」と言ってて(笑)

ああいうクラブとかの椅子ってちょっと高めに作ってありますよね。なので、それにきちんと腰掛けると足がブラブラすると言う。

そうやって足が浮いてるノックが可愛かったです(笑)

で、結局ちょっと斜めがけと言うか、お尻をのせてるだけみたいな姿勢での、座ってトークになりましたニコニコ


服装と髪型はツイートの写真で見れますが、めっちゃ爽やかさん!

とってもステキでした~キラキラ


最初に、司会さんに「今日は出演ありがとうございます」と言われて、「出たい出たいと思ってました」と答えるノック。でも、スケジュールが今まで合わなくて…とか、もごもご言ってたかな?(笑)


それから、フォトエッセイ『Natural Mind』のお話に。

「どんな反応がありましたか?」と聞かれて、「どんな反応…」と言うノックがなんか妙に可愛くて笑いが。

ノックは「こういうのを出すのは初めてなので、緊張しましたね」と言っていました。


そうなんだ、緊張かぁ…と思っていたら、司会さんが「よくまとまってると思いますよ!」と褒めていて、でも、「まさか保育園時代から始まるとは…」と(笑)

そう言われて、「あの、要点をまとめて…。もー要点、まあ苦手でしたね。要点ってなんだろ、みたいな」と答えるノック。

「勉強は得意だったんですよね?」と聞かれ、5年生まではねぇと言うノック、「それまでは勉強と運動は両立できてたんですよね」と言った後、「でも水泳と野球を両立してて…」と言って笑いが起きたので、「…掛け持ちしてて」と言い直してましたべーっだ!


で、子供だから疲れちゃうし、それで勉強のほうをおろそかにしてたらこうなっちゃいました、みたいに言うノックで(笑)

当時は勉強について「これが将来なんの役に立つんだろう」と思ってたそうですが、「まあ、(役立つ事は)いっぱいありましたね」と(笑)


司会さんは、ノックが書いた文章を一番最初に読む立場の人だったらしく、「ビックリしましたよ、保育園から始まるのか~って」と、そこがどうしても気になった様子(笑)

ノックにとっては、そこが最初と言うか、記憶の一番古いところだったようです。

で、よく子供の頃の写真を見て『これは3歳くらいですね。この頃はぁ…』みたいに話す人もいるけど、3歳とかそんな記憶ねぇよ…と思う、と話してました。



つづく



.


copyright © 2020 Knock-Up all rights reserved.Powered by FC2ブログ