FC2ブログ
DATE: CATEGORY:NOKU

昨日の渋谷での握手会お疲れ様でしたニコニコ

ピンクのカーディガンよく見たらジャケットだった(笑)可愛いですね!


参加したお友だちからのメールとか、行かれた方の感想やレポなどを読ませていただいているだけで、私もとっても嬉しくなってます。

幸せお裾分けいただきましたドキドキ


ノックの優しさや、ノックを大好き~ラブラブって皆様の気持ちに、なんだかグッときてしまいます。


今日は仙台で握手会ですね!

どうぞ今日も笑顔いっぱい、幸せいっぱいの1日になりますようにキラキラ


私の昨日はと言うと、月イチで通っている病院の後、大きめの本屋さんに行ってみました。

が、『Natural Mind』はまだ入荷されてませんでした。

地元の本屋さんへ予約してあるので買えはしないけど、実物を見てみたかったんですけどね~。

でも、その本屋さんに写真集が置いてあったのが嬉しかったですアップ


そして、帰ってきて地元の本屋さんへ寄り、いつ入荷になるかの確認…をしたのですが、まだ何日になるか分からないとの事あせる

3~4日後になるらしいのですが、2日の火曜日だとしたら私は本屋さんへ行けない日なので、早くて3日になっちゃうかな~。


読まれた方の感想をチラホラ見かけますが、なんだかとっても良さげで!

早く見たいし読みたいよー!とジタバタしてます。


まあ、もしアマゾンで買っていたとしても、発売日には届いてなかったとは思うのであせる

私が仕事で暮らす町は、一度本屋さんが1件も無くなってしまったことがあるんです。

でも、それでは悲しいと言う事で、町のお母さん達が立ち上がって誘致運動をして、本屋さんが支店を開いてくれた…と言う経緯がありまして。

なので、多少不便でも町から本屋さんをなくさないためにも、1冊でも多くの本を地元で買いたいなって思うんですよね。


なんて事もあるので、ジタバタしながらも手元にノックがやってくるのを待ちたいと思いますニコニコ


さて、今日はお休みですが、先週からひいてる風邪がなかなか良くならないので、今日は大人しくしてようと思います。

今日のノックのお裾分けがくることを楽しみにしつつ音譜



どうぞ、皆様と優しい時間を、楽しく笑顔で過ごせますようにドキドキ



.

スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:NOKU
野久保直樹さん、初のフォト&エッセイ『Natural Mind』発売おめでとうございますクラッカー

今日は東京・渋谷、明日は仙台での発売記念握手会!
行かれる皆様、どうぞ「生・ノック」を堪能してきて下さいねニコニコ

ノックも、楽しい時間を過ごせますようにドキドキ

フォトエッセイは、私の手元にはいつ届くかな~。
早く見たい!読みたい!

で、私は今回の握手会には参加できないので、今週来週はこれらに癒されようと思います。

Knock-Up ~野久保直樹さん応援BLOG~

今月だけで4本もDVDが!(笑)

どれから見ようかなあ。
観劇できなかった『OH!ROOM』か。
大好きな石橋アニキの『レンタル彼女』か。
『リズミックタウン』のハンスと素敵な物語で疲れを癒すか。
はちゃめちゃな『男子ing!!』に元気をもらうか。
うーん、悩むなーにひひ

あ、ところで、『レンタル彼女』のおまけ写真のアニキが!素敵すぎです!ラブラブ!

でも、今のところは劇場予約の人しか買えてませんよね?通販の案内はいつ出るのかなあ。
石橋アニキは本当に魅力的な人なので、沢山の方に見て欲しいですキラキラ
アミプロさんお願いしますー!


ではでは。
ノックと、ノックの事が大好きなみんなが、笑顔で幸せにあふれる1日でありますように☆


.

DATE: CATEGORY:NOKU

野球人にとって、2月1日のキャンプインはお正月…ですが、真の球春到来は本日ですアップ

プロ野球開幕戦野球

そして、今は甲子園(センバツ)も真っ只中。


昨日は、ノックから聖光学院についてのツイートもあって嬉しかったなあニコニコ

そうですね、あれからもう2年ですもんね。

あの時の1年生が、今は3年生として戦っているんですよね。

ほんとに時は立つのは早いな~。ぜひぜひ頑張って欲しいものです!


さてさて、昨日はノックにとって『今日はいい収穫の日だ!』だったんですねドキドキ

どんな事があったのかな?

いつか分かるのかな、と楽しみにしてます音譜


そうそう、『リズミックタウン』で共演した粕谷佳五さんが『アトノマツリ』を観劇されてたんですね!

ブログ に写真載せて下さってますが、ノックおしゃれ~ラブラブ

いい笑顔ですラブラブ!

ノックも粕谷さんの舞台を観に行ってましたね!仲良しになったんだね~♪


で、思いだした事がありまして!

『アトノマツリ』で私が印象的だったシーンなんですが、ラストの太鼓のシーンでノックは上のステージで見守っている感じなのですが、その時に何かを呟いているんですよね。

あれは祈りなのかなあ、それとも歌?

それがすっごく気になって、太鼓を叩く皆さんとノックとを交互に観ていた私でした。


さてさて、明日はいよいよ『Natural Mind』の発売ですねビックリマーク

私は明日ちょっと大きめの街へ出かけるのですが、本屋で見かけたらウッカリ買ってしまいそうですにひひ

地元の本屋に予約してるので、我慢我慢(笑)

今回は、サイン入りの通販でもゲットするつもりなので、今のところ2冊購入予定ですチョキ

ああ、楽しみ~ドキドキ



さて。

どうぞ今日も笑顔で、充実した1日になりますように!



.

DATE: CATEGORY:NOKU

昨日は事務所で取材。

なんの取材でしょうね?

舞台かな?フォトエッセイかな?


ところで、ふと思ったんですけど…。

舞台・銀河英雄伝説の第三章が31日から始まりますが、ノックが回想シーンで出てくるなんて事…ありえないでしょうかね?

第二章の時に、オーベルシュタインが映像で出てきたように、ラップも映像で…なんて、ちょっと頭をよぎってしまって。


と言うのも、馬渕さんとのツイッターのやり取りを思い出したからなんですけども。

あったら良いなぁ。

あ、舞台を観には行けないんですけどねあせる

でも、なんかそういう形でも出演できてたら嬉しいな、とノックファン原作ファンとして思ったりしましたニコニコ


そんな出演はないにしても、ノックは観劇に行くかな?


さてさて、握手会用の生写真へのサイン書き、お疲れ様でしたラブラブ

仙台の写真はなにやらセクシー系とか。

うーん見てみたい。


通販用の写真はどんなかな?楽しみですドキドキ

頑張ってゲットするぞーグッド!

その前に、本屋に予約した本を手に入れられる…はずですが、なにしろ田舎なのでいつ入荷するやら汗

なんとか来週中には見たいなあ。



ではでは、どうぞ今日も笑顔で、素敵な1日になりますように!



.

DATE: CATEGORY:NOKU

昨日、あらすじと感想をアップできて、やり遂げたー!的な達成感があったのですが(笑)

1回目を観劇した時からもう1つやりたい事があって、それもなんとか完成しました。


これです。



Knock-Up ~野久保直樹さん応援BLOG~

『アトノマツリ』で、ご神木を手に祈りを捧げる樹の手や横顔がほんとに綺麗で。

思わず、パステルを引っ張りだして描いてみました。

(へたくそですが、一応、中学高校と美術部でして…あせる


DVD化だけでなく、パンフレットも無いのが本当におしいなぁ…と思う、美しいノックでしたキラキラ



ノックは昨日はゆっくりできたかな?

それとも、まだサイン書きにおわれてるかな?

もしかして何か違う作業でも?

…なんて色々考えつつ。


東京、仙台の握手会も近づいてきましたね。

沢山の方と楽しい時間を過ごせますようにドキドキ



どうぞ今日も笑顔で、素敵な1日をお過ごしください。



【追記】

TOKYO MXの『男子ING!!』DVDが、通信販売開始されてました音譜

メールにての申し込みです。

特典映像もあるらしいので、ノックいっぱい映ってると良いなぁと思いつつ、注文しましたチョキ

通販案内ページ

.

DATE: CATEGORY:NOKU

と言う訳で、ノックは「生きている人」の役ではありませんでした。


そう知ってから観ると、ああなるほど!と思う、とても細かい演技というか、演出がされているなと思いました。

最初、百合の元へ現れる樹は、同じ言葉を二度言うんですけど、あれは「プログラムの不具合」を表現していたんだな、とか。

昔の仲間達が集まってワイワイしている場面では、樹は口数が少なくニコニコと笑って見ているので、最初はそういう大人しい性格の子なのかな?と思っていたんですけど、あれもそれ程多くの「言葉」や「対応」をプログラミングされていないからなのかも?とか。


で、子供の頃の思い出では沢山話すんですよね。

あれは正しく、「百合の記憶の中の樹」だからこそなんだろうな~、なんて。

それがまた切ないんですよね。


そう、この子供の頃のシーンでノックはちゃんと「子供の樹」に戻っていて、それが凄く可愛いんです!

Nine Bloodの武羅人に近い感じの声色なんですけど、トーンや動き、仕草でしっかり子供を表現してて「おおアップ」と思っちゃいました。


衣装は、最初はダブダブのズボンにラインのピッタリしたパーカーと首に垂らしたストールと言う、なかなかに好きなタイプの衣装でドキドキ

そして、心と健を争わせようとする樹のシーンでは、着物に裾の絞った袴で、さらに浅黄色の女性物の着物を羽織っていると言う衣装でした。

これがー!これが個人的にめっちゃツボでー!

とっても素敵なのですラブラブ!


この時の樹は、それまでのニコニコとみんなを見ていたり、争いを止めようとしたり心や健に嘘をついたりする時の真剣な表情ともまた違って、まさに「大地の怒り」を表現するような神々しさで。

で、どこか「無機質」な、人ではない雰囲気を漂せていて…。

機械的にカクッと身体を折るシーンも素晴らしいキラキラ


ラストの百合と樹が2人並ぶシーンでは、羽織っていた着物を百合に掛けてあげるんですけど、その動きや優しい眼差しがまた素敵でした。

ご神木である桜の枝を撫でる仕草も、手好きには堪らない(笑)


舞いは、高い位置にある小さなステージで舞うので、大きな動きはないのですが、手のしなやかさが凄く良かったですラブラブ

もっと動きのある舞いも観てみたかったかも。


役が役なので、ノックのアドリブなど笑いに絡むシーンは無かったですけど、そこがまた樹を神秘的な存在にしていましたね。


この舞台、1回目に観た時には、私はなぜ、樹が心と健に嘘をついてまで2人を争わせようとするのかが分からなかったんですよね。

でも、千秋楽を観て、樹は百合が組んだプログラムではあったけれど、そこには樹の魂は降りていたのかもしれないな、と。

そして、元の喧嘩太鼓の由来となった、争いから桜を咲かせるまでを再現して、みんなの心を1つにし直したかったのかな、と。


ほんと、またまた素敵な役、素晴らしい舞台と巡り合えて、良かったなぁ幸せだなぁと思えました。


セットの奥に、最後には満開に咲く桜が現れるのかな?なんて思いながら観ていたんですが、それは無く、花びらが舞い落ちてくるだけでしたが、それもまた切ないと言うか…。

本当に桜は咲いたのか、それともこれはそれぞれの胸に咲き、舞う桜なのか…。


そして、桜を咲かせた後、樹はどうなるのでしょう。

きっと百合は、大切な思い出として樹のプログラムは仕舞い込むんでしょうね。

樹の魂は、みんなの心の中に花を咲かせてみせた後、天へと昇っていくのかもしれません。


なんて、色んな事を考えてしまう、そんな心地よい余韻の残る素敵な舞台でした。


以上、つたないあらすじと感想でしたが、お読み下さってありがとうございましたニコニコ



懐かしく大切な故郷があって、今はそこへ帰れない人達の上にも、花が咲き、優しい風が吹く事を願います。



.

DATE: CATEGORY:NOKU

あー汗印象的な台詞とかいっぱいあったんですけど、しっかり覚えられない自分の脳みそが憎い…!

と言う事で、本筋にそって書くとこんな感じの物語なので堅い感じになってしまうのですが、全編を通して笑いがふんだんに盛り込まれていて、とにかく楽しい舞台でした音譜


まず、謎の窃盗団のお3人。

鈴木役の服部さんがキレキレのダンスをしながら話すと、それに「…疲れない?」と絶妙にツッこむ佐藤(山口さん)。

一見、変な動きをするのは鈴木なんだけど、途中でいなくなるクロを探して、「3人じゃないとチャーリー・エンジェルになれないじゃない!」と言う佐藤がおかしいのですにひひ


あと、犬のクロ役の久下さんがとにかく可愛い!

泣き声が汚いだの、言葉の分かる神には「豚」だの言われちゃうのですが、そのやり取りがまた可笑しくて、可愛くてニコニコ


ベテランの山崎さん、杉野さんは、さすがの存在感!

杉野さんはアイドル時代を引きずってると言う役で、衣装も化粧も派手派手なんですけど、それが可愛らしいドキドキ

山崎さんも派手な格好なんだけど、似合ってたなあ。

ラストの太鼓をニコニコととっても楽しそうに叩いてらしたのが印象的でした!


百合が大好きでちょっと暴走しちゃう心役の山本くん。

そのあからさまな心の態度に気付かない鈍チンの健役の出口さん。

お2人ともどこか可愛くも熱血漢な演技が素敵でしたアップ


明石鉄平くんは声がデカイと言う役どころで、3Dアプリで集まっている時に音量を上げたり下げたりの演技が可笑しかった!

もう1人の幼馴染の豊はマザコンだったり、みんなに相手されなくて駄々をこねたりのシーンが笑えました。

皆さん個性的で見せ場もたっぷりキラキラ


そして、十三役の大竹さんと田中役の大関さん!

今回の舞台は、大竹さんの故郷の話を大関さんが書かれたと言う事でしたが、このお2人の息がピッタリで、アドリブも満載でとにかく楽しかったラブラブ


でも、楽しいだけでなく、十三が田中に町へ帰れない人達の想いを語るシーンでは、見ていて涙が溢れました。


それから、ヒロイン百合役の久保さん。

私はお笑いに詳しくないので、モエヤンのネタも見た事がなかったんですよねあせるで、舞台では少し大人しめな女性の役だったので、清楚な女優さんだなぁって感じで。

それでも、久しぶりに会った仲間に「百合変わったなぁ」と言われて、「そりゃあ私だって大人になったもの。ヌ―ブラヤッホーとか、もうやらないわ」なんて小ネタを挟んでしっかり笑いを取られてましたにひひ

(そのネタは、ああ聞いた事あるー!…な私でしたあせる


そう、とにかくこの舞台は笑いの小ネタが満載でアップ


2人で見廻りに行く時に大関さんの背中に抱きついて一緒に歩く大竹さんとか。

十三が古い携帯しか持っていなくて、田中から最新機器を借りて3Dアプリを起動させて百合を呼び出すシーンでは、片方が百合が見えていない設定なのを利用して、百合と急接近してみたり、身体を押してみたり(笑)


小学生の回想シーンで、みんなでかくれんぼをしようとじゃんけんするシーンでは、私は17日と24日を観劇したのですが、千秋楽にはめちゃ長いじゃんけんになってました。


そんな笑えるシーンが沢山あり、そして胸にジーンと迫る台詞やシーン、太鼓の演奏があり。


神役のJUNさんの踊りは、さすがの迫力でしたし、そのJUNさんと交互に舞うノックの踊りもまたとっても素敵でキラキラ


そう、そして、久保さんの歌声がとにかく綺麗なんですよね~ドキドキ


つづく



.

DATE: CATEGORY:NOKU

(回想シーン)

ヒノモトでは昔から北町と南町の争いが絶えなかった。

子供達もそうして喧嘩をする事があったが、それを樹と百合は止めに入り、ヒノモトの喧嘩太鼓の由来を樹は語り出す。


いわく、ご神木を境に争いの絶えない人々に怒った神は、互いに滅びるまで争うようにと仕向けたが、そこへ1人の少女が現れ、神の怒りが静まるようにと祈りを捧げた。

その少女の願いは届いて神は怒りを鎮め、そして人々がもう争わないようにと見張る者を使わせたが、その男が呪文を唱えると、神木の桜が満開になり、人々に笑顔が戻ったのだった。

以来、人々は争いの武器を太鼓のばちに持ち替え、喧嘩太鼓の祭りが生まれた。

その少女と男の末裔が、百合と樹であり、子供達にとっては桜を咲かせる樹と百合の存在は誇りであった。


回想が終わり、2人きりで話をする百合と十三。

その後ろ姿で十三を思い出す百合だったが、管理施設の職員である十三に樹の事を調べて欲しいと頼む。


その夜、甚八とあさみは酒盛りをして、ダンスをしたりとあさみがアイドルだった昔を懐かしむが、その場に謎の男もおり、自分の事を「神」と名乗る。

酔った2人はそんな男の言う事を信じないのだが、「神」に操られてしまう。


翌日。

ヒノモトの人々にとって大切な存在である神桜だったが、その木が伐り倒されている事を知った人々は、北町と南町の互いの誰かのせいだと言って争い出す。

ご神木の伐採は、汚染された植物は全て切るようにとの政府の指示だったのだが、一方は政治家である父のせいだと言って順を責め、一方は宇宙開発のために切ったのだろうと豊を責め…。

その争いの中心は、男に操られた甚八とあさみだった。

しかし、その争いも十三によって止められる。


二度も住民を争わせようとして失敗する神だったが、次には樹が健と心のそれぞれに互いを憎ませようと嘘をつく。

桜を咲かせるためにご神木を手に入れようとする健。

百合を愛し、彼女を守ろうとする心。

そんな2人が向き合い、争うのを煽る樹。


だが、それを十三と田中は止めに入り、樹はすでに亡くなっている事を告げる。

樹は、18年前の災害の際に、百合の前で消えていったのだ。

いま人々の目の前のいる樹は、百合が樹のデータを元に、成長していたら…とプログラミングされた架空の存在だった。

だが、いつからか樹は百合から離れ、独自に健や心とヒノモトへ戻る計画などを企てるようになっていた。


ピタリと動きを止め、空を見つめて動かない樹。

その樹を見上げながら、「樹に会いたかったの…」と告白する百合。


ご神木は切り倒され、樹を亡くし、そして、田中からヒノモトが汚染物質の最終処分場になっている事を聞かされ、もう町に戻る事も、咲く桜を見る事もできない事実を嘆く人々。

まるで電源が切れたかのようにガックリと座りこむ樹。

そんな町の人々に、期限である48時間が迫り、町から退去するように迫る田中。

だが、十三は田中にもう少しこの人達に時間を下さいと頼みこむ。


十三の父は汚染の元となった施設の人間で、震災後にはまるで犯罪者のように言われ、一家は町を追われるように離れていた。

そんな父の罪を償いたくて、彼はこの町に管理職員として戻っていたのかもしれない。


町の人々への想いを涙ながらに語る十三。

動かなくなった樹を見上げながら、「きっと樹は、自分が桜を咲かせる姿を見て欲しかったんだ」と口にする人々。

そして、彼らは誓い合う。

「また桜の咲く頃に皆で集まろう。樹のために。かけがえのない仲間が、傍にいることを感じるために」


そんな想いが届いたのか、樹はまた立ち上がり、語りだした。

『汝、生ある者ならば大地の声を聞け…。汝、生ある者ならば我が故郷の声を聴け…。いま蘇る、空桜流一子相伝の力よ…』

その力強い言葉の後に、百合が歌い出す。

『♪わら~い踊ればさく~ら咲く♪わら~い踊ればさく~ら舞~う』


百合が歌い、神と樹が舞い、そしてヒノモトの人々が踊り叩く喧嘩太鼓の音が鳴り響くなか、桜の花びらが舞い落ちる。

そして、声を合わせ、百合と樹は言う。

『花は憎しみでは咲かぬもの。二つの力が一つに重なることで、花びらを舞い散らすなり』


桜が舞い散るなか、人々は言う。


「笑い集えば、そこが我らの故郷なり」


つづく



.


DATE: CATEGORY:NOKU

劇団スーパー・エキセントリック・シアター

ジェネレーション・ギャップVol.5『アトノマツリ』

2013年3月2013年3月16日(土)~24日(日)

シアターサンモール


私は17日と24日観劇しました。

まずはザックリ(?)とあらすじを。

台詞や、シーンの前後は私の曖昧な記憶力により間違っている部分もあるかと思いますが、ご容赦下さいあせる


最初にキャスト紹介をします。(敬称略にて失礼します)


空桜樹(あさくらたつき):野久保直樹

竜見百合(たつみゆり):久保いろは(モエヤン)

丑島十三(うしじまじゅうざ):大竹浩一(SET)

田中:大関真(SET)

兎山心(うやましん):山本匠馬

亥藤健(いとうけん):出口哲也(SET)

申谷司(しんたにつかさ):明石鉄平

戌井豊(いぬいゆたか):榊英訓(SET)

寅南順(とらみなみじゅん):絲木健太

子津甚八(ねずじんぱち):山崎大輔(SET)

未子沢あさみ(みずさわあさみ):杉野なつ美(SET)

佐藤:山口麻衣加(SET)

鈴木:服部紗弥(SET)

クロ:久下恵美(SET)

司馬平(しば たいら):JUN


舞台は200X年。

18年前に起こった大災害「アースエクスプロージョン」と、それを原因としたあるエネルギー物質の汚染により、人間の住める場所はそれまでの1/10に減っていた。

その1つである「ヒノモト」の町も政府によって厳重に人の出入りが管理されているが、その管理施設に新しく丑島が赴任する。


そのヒノモトの町へ窃盗を生業とする女2人(佐藤と鈴木)と犬のクロが、神社のご神木を盗もうと侵入する。

と、佐藤と鈴木の2人は謎の男(JUN)に精神を支配され、連れ去られる。


所は変わって、竜見百合が新しく開発された3Dアプリを操作して、自分の元に空桜樹を呼び寄せた。

まるですぐ傍にいるかのように立体で感じる事の出来るアプリ。そのアプリを使って、百合はヒノモトを故郷に持つ幼馴染達をコミュニティに誘い、次々と仲間達が現れる。


同級生の心、健、豊、順が集い再会を喜び合うが、そこに年配の甚八とあさみも参加して、ヒノモトの祭りに欠かせない「喧嘩太鼓」を懐かしみ、健の見つけたサイバーばちを使って、太鼓の演奏をする。

だが、やはり実際には傍にいない仲間と、エアー太鼓では「熱が感じられない」と肩を落とす人々。


そんな中、「誰かが亡くなれば、その遺志で葬儀をヒノモトで開く事ができる。故郷へ帰る事ができる」と切り出す健。

その場ではそれは冗談で流されたが、数日後、仲間の元に樹が亡くなったと言う報が届く。


しかし、実際には樹は死んでおらず、健、樹、心の3人でヒノモトへと戻るためにと仕組んだ嘘だった。

が、その事を知らないはずの百合は、樹の死を聞いて「そんなはずはない」と口にする。

彼女のその言葉の意味は…。


樹の死によって特例が認められ、ヒノモトへと戻る事ができた仲間達。

町の管理施設へとやってくるが、汚染されているこの土地にいられるのは48時間だけであると説明を受ける。

そこへ、窃盗団の佐藤と鈴木がやってきて、元住民を装い「北町」と「南町」で互いを争わそうとするが、それを止める十三。そして、

ヒノモトの人々に「お久しぶりです」と挨拶をする十三だったが、彼を覚えている住民はいなかった。


十三は災害直前に父親の仕事の都合でヒノモトへと引っ越し、町で暮らしていた過去があるのだ。

そんな仲間達に、十三は小学生の頃の思い出話を語りだす。


つづく



.

DATE: CATEGORY:NOKU

普段、ノックがツイートするとメールでお知らせがくる…のですが、昨日はそれが届かなくてあせる

朝になってメールが来たので、リプできませんでしたしょぼん

なんとなく、出来る時にはリプしたいなって思ってるんですよね。


昨日はお友達とお茶の後に、ズイ君とハンバーグだったんですね!

ほんとに2人はゴールドラッシュが好きですねにひひ


『よし、明日も頑張れる☆』の言葉が力強いアップ

私はちょっと体調を崩してしまってしんどいのですが…、うん、頑張ろうって思います。

ノックいつもありがとうドキドキ


さて、『アトノマツリ』のあらすじや感想の方もコツコツと書いております。


昨日、ニュースで「夜の森」への一時帰宅が可能になったと知り、舞台を思い出してグッときました。

今年も夜の森には綺麗に桜が見事に咲いているようです桜

いつかあの町に住民が戻って、自由にのびのびと暮らせる日がきますように。



ノックは今日はどんな1日になるのかな。

どうぞ笑顔で、素敵な日となりますように!



.


copyright © 2020 Knock-Up all rights reserved.Powered by FC2ブログ