FC2ブログ
DATE: CATEGORY:その他

明日、ズイ君のアメスタと言う事で、悩み中ですあせる

視聴には1分50アメが必要だそうで…。放送時間は1時間の予定だそうなので、60分で3000アメPがなきゃ見れないって事ですよね~。

私、そんなにアメG持ってないあせる


ズイ君のお喋りなら楽しいだろうなと思うんですけどもね。うー、悩む。

明日の放送時間まで悩んでみようかと思います…。


悩んでいるのはポイントもなんですが、昨年12月のDMM.COMの生放送での苦い思い出のせいもありましてダウン

放送前に必要なポイントをチャージして備えていたのに、いざ始まってみると回線がブチブチと切れて、とうとう15分後には全く見れなくなりました汗

アメスタを見た事はないので、どうかは分からないのですが、同じようになる可能性もあるのかなぁ、なんて。


そういや、あの時チャージしたの、DMMにそのまま残ってるんだよな~。もったいないな~。


と、そんな今日の悩みでございました。


ズイ君と言えば、今月は『自称探偵のサマー・オブ・ラブ』の札幌公演ですアップ

もう、楽しみで楽しみでニコニコ


地元での公演~!と言っても、私の家からは車で3時間かかるのですが(笑)

でも、そこからさらに飛行機に乗っていつも東京まで観に行っている事を考えると、やっぱりめちゃめちゃ近いし嬉しいですラブラブ


ズイ君は『五線紙の上のジェーン』以来。

どんな役なのかなー。ワクワクです音譜



.

スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:その他

ズイ君が出演の舞台が札幌公演もあると言う事で、ウキウキです音譜

嬉しいな~。


東京まで舞台を観に行くとなると、飛行機代ホテル代と最低でも3万円以上はかかってしまいますあせる

なので、ノックの出演舞台以外は行けないし行かないんですけども。

こちらへ来てくれるとなるとそりゃ行っちゃいますよねドキドキしかも、土日だしニコニコ

札幌まで車で2時間半かかる田舎町に住んでいるので、平日ならアウトでしたあせる

(もしノックが来てくれるのなら、平日でも頑張って行っちゃいますけどもね/笑)


しかも、シアターZOOって!めちゃ小さい劇場!

何回か行った事がありますが、たぶんMAKOTOシアターよりも小さいですビックリマーク

そんな劇場でズイ君が観れるとは音譜楽しみ音譜


私は昔、アマチュア劇団のお手伝いをちょっとだけさせていただいた事があるのですが、札幌はけっこう演劇に熱い街なんじゃないかな~と思います。

とは言っても、なかなか専業にできている人はいないでしょうけども…。


でも、色々な団体が頑張ってるんですよニコニコ


9月は美味しい物も多い季節ですし、ai-kataファンの方旅行がてらいらっしゃいませんかはてなマークなんてべーっだ!


せっかくなので、色々とご紹介。

ズイ君出演の【空飛ぶ猫☆魂#1『自称探偵のサマー・オブ・ラブ』】も載っています。


札幌演劇シーズン
http://s-e-season.com/


spin 札幌演劇情報ネットワーク

http://spin-hp.com/


シアターZOO
http://www.h-paf.ne.jp/ogist/




ああ、いつかノックも公演で札幌来てくれないかな~~アップ




.

DATE: CATEGORY:その他

行ってまいりました。舞台・銀河英雄伝説。
折角なので感想文を!
「野久保直樹ファン」としてと、「銀英伝(原作)ファン」としてで分けて書いてみようかと思います(笑)


ネタばれになると思いますので、知りたくない方はご注意下さい。


まずは、原作ファンとして。
21日(土)ソワレが初見でしたが、正直ストーリーを追うのに必死と言う状態でした。でも、22日(日)千秋楽でその流れが分かった状態になると、もっと余裕をもって全体や役者さんを観る事ができたので、より楽しくより感動的に観られました。
1回きりの観劇で全て入り込めるのが一番なんでしょうけども、この舞台は観れば観る程味わい深くなる類の舞台だったのではないかなと思います。

さて、間違いなく長くなるので、箇条書きで。


■オープニングの出演者が次々と出てくる部分ですでに感動でした。「ああ、13艦隊がいるよ!」と。鳥肌立ちそうな感覚。あれは、同盟好きにはたまらないと思う。
■しかし、ハイネセンのくだりは分かり辛い。1回目観た時は、この部分いらないのでは?と思ったけど、2回目ではこれはこれで同盟の祖となった人々の苦労や悲しみを表現していると言う点で有りかなとは思えた。ただ、やっぱり説明不足。この人達は誰?と言う状態では伝わりにくいと思う。
■物語は、アスターテ会戦からアムリッツァの遠征決定まで。正直、ラップが出るならアスターテ会戦を主にやるのかと思っていたので、ああここから始まるんだ…と言う驚きはあった(笑)うまく詰め込んだと言う印象。ただ、原作を知らずに観た友人の「ダイジェストを観た気分」と言う言葉は言い得て妙だと思う。それでもうまく構成できていたのでは。場面転換が唐突に感じるところもあったけれど、個人的には問題なかった。
■映像の使い方も良かった。艦隊戦は視覚的で分かりやすい。フライングボールのダンスと映像の融合は格好いい!しかし、21日は最前列ど真ん中と言う有難いようなそうでもないような席だったので、全体見渡せないのが残念だった。
■終わり方はいかにも「つづく」と言う感じで(笑)まぁ、仕方ないですね。あの長い原作ですし。次作を観にいけるかは分かりませんが、DVDなりCS放映なりで必ず見たいと思います。楽しみ!


■ヤン
配役知った時にはたぶん誰もが「えっ?」と思ったと思うのですが。感想を読む限り「アニメのヤン(富山さん)そのもの」と言う声が多かったけれど、私はそうでもないと思った。たしかにリスペクトは強く感じたけれど、河村さんらしさもよく出ていたのでは。柔らかい物腰がピッタリだった。最初に司令官に駆け寄ったりとか、走る時の動きが妙にぎこちなくて、そこがまた可愛いなとも思ったり(笑)河村さんのヤン、好きです。

やっぱり、作品やキャラに愛情を持っている方が演じると言うのは大きな事だなぁと思いました。
■ジェシカ
利発で聡明なジェシカらしさが出ていて、とても良かった。しかし、ジェシカってこんなにヤンに思い寄せてたんだっけ?と言う違和感はある(笑)
■ユリアン
正直もうちょっと可愛い子が良かったなーと思わないでもない。ヤンを一途に慕っている感じはよく出ていたとは思う。絶賛成長期との事ですが、次回ではどれくらい育っているのかな(笑)
■キャゼルヌ
もう、めちゃめちゃイメージ通り!アニメ版に一番似てたのがキャゼルヌじゃないかと思う。
■シトレ元帥
こちらもイメージ通り!ヤンを一番買っている人だけど、実は一番の曲者?って感じもよく出ていて、西岡さんはさすがの存在感。私が観た2回とも台詞間違いはあったのだけど、それを感じさせずに強引に進んじゃう感じもさすがベテラン(笑)
■ムライ
大澄さんも配役を聞いた時に、え?と思った1人だったけど、軍服姿の写真を見てピッタリ!と思ってました。堅物な雰囲気がとても合ってて凄く良かった。
■パトリチェフ
こちらもイメージ通りと言うか、まんま!って感じで(笑)
■フレデリカ
可愛い!とにかく可愛い!アニメのフレデリカは見た目も口調もすごく落ち着いてて、ヤンとの歳の差をそう感じないのだけど、実際はあれくらい離れてるんですよね(笑)このフレデリカとヤンの新婚生活で外伝やって欲しいと思うくらい可愛い(笑)ヤンを慕ってる姿がとても良かったです。
■アッテンボロー
同盟の中では1、2を争うってくらいに好きなキャラなので、ちょっと残念。もうちょいヤンと年の近い役者さんでも良かったかなぁ、と。原作の皮肉屋っぽさは全然なくてそこが物足りなかった。これは役者さんのせいではなく、脚本と言うか扱いがですね。今後はもうちょい出番も多くなって、アッテンボローらしくなるのかな?
■シェーンコップ
イメージに合わないと言う点ではこの方が一番。もっと若くシャープな演技の役者さんの方が良かったとは思いますが、舞台版は舞台版としてさすが誠さん格好いいです。でも、やっぱり佇まいも喋り方も殺陣もすべてにおいて1人だけ時代劇の空気(笑)それが私には楽しくてしょうがなかったです。はい、時代劇大好きです(笑)とは言え、原作のシェーンコップ好きとしては、もうちょっと何とか~、とも思うんですけどもね。
■ポプラン
ポプランってこんな奴だっけ(笑)と言うのが感想。明るくていいキャラだけど、ここまで弾けてないよなと(笑)まあ、でも、舞台の華を一手に持ってくと言う感じで、キュートで魅力的な描かれ方。ここでその絡み?とか、原作考えると違和感はあちこちにあったものの、それを不満に思うでもなく。あのポプランでの外伝、楽しそうですね!
■コーネフ
すごく好きなキャラなんですが、めちゃ良かった!ニヒルな感じがよく出てて。
■フォーク
あの嫌みでヒステリーな感じが良かったなー!とてもイメージ通り。あの倒れるシーンも凄い。お怪我なく終わりますように。
■トリューニヒト
いいですねえ!あの憎たらしい感じがめちゃいい!さすがと言う感じでした。

■評議会の面々はダンサーさん達だったので若すぎるのが違和感。とは言え、いたしかたなしかな。

■ゼークド、ビュコック

演じ分けが素晴らしくて、1回目では同じ方と気付かなかった程。どちらもとてもよかったです。

■他の役者さん達もよくて、安心して観られました。


■空戦隊とローゼンリッターの絡みは見所だったけど、ローゼンリッター弱すぎだろと(笑)白兵戦のプロがやられすぎ。それが凄く可笑しかった。
■正直、ヤンとラップとジェシカの三角関係を描くと言うストーリーを知った時には、「銀英伝ってそんな話だった?」と違和感ありまくりだったのが、今回あの3人の幸せだった時間を描く事で、よりヤンの苦悩や孤独感を描く事に成功していたと思う。観ていて「ああ、ヤン・ウェンリーって悲しい人なんだな」って、今更ながらに思ったりして。
特に、ジェシカが反戦派の議員になった部分が悲しかった。自身は軍人でいたくはないのに、そこに居続けざるをえない自分を一方では責められ、もう一方の仲間達には「あなたに付いていく」と頼られる。あの孤独。

■公演後半だったからか、初期からそうだったのかは分かりませんが、役者さんのアドリブがそこここにあって楽しかった!
特に千秋楽は皆さん飛ばしてましたねぇ~!
ヤンの年齢についてのシトレのアドリブ。ムライについてのキャゼルヌとヤンのやり取り。アッテンボローについてのやり取り。あとは、空戦隊の女の口説き方講座(笑)
どれも舞台のアクセントとして楽しい時間でした♪
■テーマ曲『Searching for the light』がめちゃくちゃ良い歌!大好きです。
カーテンコールはこの歌を全員で歌いながら、盛り上がって、肩を組んで…と、すごく「同盟らしさ」を感じられる素敵な時間でした。
■千秋楽のスタンディングオベーションも感動的で。3回のカーテンコール、河村さんが幕に挟まれそうになっているのを慌ててみんなで助けに行く姿とか、仲の良さが伝わってきてとても微笑ましく、楽しかったです。
終わってしまうのが本当に寂しかった…。
大阪公演も皆さんどうぞ頑張って下さい!


■こんなに長々書いておきながら、まだまだ書きたい事がいっぱいあると言う(笑)ツッコミどころも満載ですが、それでも原作ファンの私でも心から楽しめる、素晴らしい舞台でした!
なかなか北海道から上京するのは厳しいので、次回作を観にいけるかは分かりませんけども、今後もとても楽しみです。

DATE: CATEGORY:その他

今、ノックが出演している舞台、『銀河英雄伝説』について、ちょっと語ってみようと思いますあせる


私と銀英伝の出会いは、高校生の時。もう○○年前になります…(笑)
友人が先に読んでいて、薦められて読んだのがキッカケ。

元々読書が好きで、歴史物やファンタジーが好きで(銀英伝はSFだけど)、頭デッカチな10代後半だったから、政治要素がある部分にもどっぷりはまり。

当時は、ベルリンの壁が崩壊するような、そんな大きく世界の動いている時代でした。(これで充分歳はばれるか/笑)


世界観にも、キャラの人間関係にも、とにかくはまったのですよね。
共感と言う点では自由惑星同盟、惹かれると言う点では銀河帝国だったかな。

私は、ジークリード・キルヒアイスが大好きなので、どちらかと言うと帝国側に肩入れして読んでいたと思います。

第2巻でキルヒアイスが亡くなった時には、本気で泣きました。小説を読んで、声を上げて泣いたのなんて、あの時が人生で唯一じゃないかと思います(笑)

だけに、帝国編で舞台化を知った時にはものすごく複雑でした。
大好きな小説がある方には、それが映像化される時の気持ち、分かって貰えるんじゃないかなぁ、と思います。


しかも、キルヒアイス役が…!

崎本くんが嫌いな訳じゃないけれど、原作の『赤毛ののっぽさん』って設定は無視ですダウンかと。

原作が大切だから、そこが引っかかってしょうがなかったですねえ。

で、結局舞台は観なかった訳ですが…。


まさか、その1年後にノックが同盟篇に出演するなんて、夢にも思ってなかったです。


でもね、出演が発表された時には本当に嬉しかったですビックリマーク

あの時、私は「銀英伝ファンとしての驚き」よりも、「野久保直樹ファンとしての喜び」の方が断然大きかったのです。
ずっとコツコツ頑張ってきたノックが、大きな舞台に出られる!って。ほんとに嬉しかった。

それからは、クレジット順から言ってアッテンボローかなはてなマークポプランはてなマークまさかユリアンは無いでしょ!?なんて、ずっと色々と想像していて(笑)
なので、ジャン・ロベール・ラップ役と知った時には、「え!出番少ないじゃんガーン」と思いましたよあせる
だって、ねぇ…しょぼん


でも、それからの数ヶ月で、ヤンとジェシカとの関係を原作よりも深く描く作品になると分かって、ワクワクは増すばかりアップ
そして、いよいよ幕が開き、舞台そのものへの評価も高く、楽しみに思う気持ちも膨らむ一方な日々をおくっています。

そんな色々と思い入れのある舞台を、いよいよ土曜日に観劇してきます!!

本当に楽しみですラブラブ



あ、ちなみに「帝国編」はCSで放送されたのを観ました。

正直、原作のキャラのイメージとは合ってない事が多数です汗

でも、それはそれとして楽しめる舞台になってるなと思いましたニコニコ

ここ最近は、原作ファンとしての複雑な心境と、舞台好きな気持ちが複雑に絡み合う、そんな感情を楽しませていただいてます(笑)



今日は、ソワレ公演のみですね。それまで少しはゆっくりできるかな?

ノック、今日も全力で頑張って、楽しんで下さい音譜





.


copyright © 2020 Knock-Up all rights reserved.Powered by FC2ブログ